複を買うならこんなふうに~回収率重視競馬予想~

回収率重視の競馬ブログです。2017年は119%の回収率を記録。 レース数を絞り、長く楽しく競馬を続けていこうというスタンスです。好きな馬:カワキタエンカ、シュヴァルグラン。好きな騎手:三浦皇成、川田将雅、

【桜花賞 2018】全頭出走馬分析その2 リリーノーブル・マウレアの逆転は?

外枠有利な桜花賞。

5~8枠の馬を見ていくことにしましょう。

 

(1)1ラッキーライラック 55 石 橋

(1)2アマルフィコースト 55 浜 中

(2)3リバティハイツ   55 北村友

(2)4アンコールプリュ  55 藤岡康

(3)5レッドサクヤ    55 松 山

(3)6スカーレットカラー 55 岩 田

(4)7トーセンブレス   55 柴田善

(4)8ハーレムライン   55 大 野

(5)9リリーノーブル   55 川 田

(5)10アンヴァル     55 藤岡佑

(6)11コーディエライト  55 和 田

(6)12デルニエオール   55 池 添

(7)13アーモンドアイ   55 ルメール

(7)14レッドレグナント  55 M・デムーロ

(7)15プリモシーン    55 戸 崎

(8)16フィニフティ    55 福 永

(8)17マウレア      55 武 豊

(8)18ツヅミモン     55 秋 山

 

ラッキーライラックは1枠1番 競馬の桜花賞枠順 :日本経済新聞

  

www.fuku-kaunara-keiba.biz

 

桜花賞2018 全頭出走馬分析(1枠~4枠)

9.リリーノーブル  

阪神JF、チューリップ賞と、ラッキーライラックとの勝負付けは済んだとみなされがちだが、チューリップ賞では絶対川田は脚を測っていたよね?いわゆるヤラズ。

 

本番に向けてチューリップ賞なんて負けてもいい川田と、絶対負けられない石橋脩。

この馬が負けるとすれば、ラッキーライラックが思った以上の強い競馬を見せた時くらいじゃないの?

 

10.アンヴァル

 

同じ藤岡厩舎のリリーノーブルと同枠。

川田とハゲニイこと藤岡佑介は同期。ラビット的なことするかな…?

 

11.コーディエライト 

ダイワメジャー産駒にありがちな2歳までしか走らない馬。

来年あたりはまだ1000万下あたりで走ってそう。

 

12.デルニエオール

ラッキーライラックがオルフェーヴルの娘ならこの馬はオルフェーヴルの妹。

うーん、複雑。。。

オリエンタルアートの快進撃はドリームジャーニー→オルフェーヴルで終了です。

 

13.アーモンドアイ

 

一番取捨に難しい馬。

シンザン記念のレベルに疑問、ロードカナロア産駒はちゃんとG1で走るか(ダイワメジャー産駒みたいにならないか? )、シンザン記念→桜花賞というアホローテ。不安要素が多すぎ。

いままで楽ちんな競馬しかしていないし、こういう馬ってよく飛んでいたよなぁ。。。ルージュバックとか。。。

とりあえず本命にするのは避けたほうが良い馬だと思う。どっちに転ぶか想定できない。

 

14.レッドレグナント

戸崎→Mデムーロ。それだけで切ってはいけない。

戦績的には悪くない馬だし、アネモネSは5ヶ月ぶりと考えれば悪い内容でもない。

絶対に抑える必要はあるだろう。

つーかロードカナロア産駒も多いなぁ。。。

 

15.プリモシーン

戸崎という時点で切りたいところだが、戸崎でも重賞勝てる馬と考えれば切るのも怖い。

なんせ桜花賞といえば体重の重いディープ産駒を買えというのは定説。シンハライトから体重軽めのディープ産駒も来るようになったが、やはり基本は重めのディープ産駒だろう。

外回したら2着来ちゃいましたなんてことは大いにある。

 

16.フィニフティ

もうディープ産駒多すぎ。

今までの桜花賞はディープ産駒をバカのひとつ覚えで買って結構勝っていたが、今回はディープ産駒だけで6頭。それも全部可能性がありそうな馬ばかり。決め打ちができない。

こうなると騎手や厩舎で選ぶしかなくなる。

桜花賞で人気のない福永は3着くらいに結構来るので油断は禁物である。

 

17.マウレア

武豊は正直だ。

さっきの馬好王国でも、「権利を取る走りをした」とチューリップ賞を振り返っていた。つまり、チューリップ賞の勝負度合いは高かったということだろう。

となると、今回は後方一気の競馬を試すかもしれない。ピンかパーかどっちかだね。

アユサンでは単複取らせていただいたけど、妹の方はどうだろう。。。

 

18.ツヅミモン

この馬だけは絶対にいらねえといい切れる。 

 

 

 

そんな私の注目馬は…

 

 

人気ブログランキングに掲載

 

 

結局最後は”人”で選んだ。

先週で競馬は”人”だと痛感したしね。

 

桜花賞、可能性のある馬が多く、意外と難しいと思います。

4~50倍つく馬が連に絡んでも全く驚けません。