複を買うならこんなふうに~回収率重視競馬予想~

回収率重視の競馬ブログです。2017年は119%の回収率を記録。 レース数を絞り、長く楽しく競馬を続けていこうというスタンスです。好きな馬:カワキタエンカ、シュヴァルグラン。好きな騎手:三浦皇成、川田将雅、

【マイラーズC 2018】コメント・回顧 サングレーザーがレコードVで堅い決着に!

マイラーズC、勝ったのは福永騎手騎乗のサングレーザーでした!

 

つーか人気なさすぎでしたね。

本来1番人気でも驚きはないぞ。

ロジクライのような弱い馬が人気してるのにはちょっと驚き。

 

マイラーズC 2018 レース後コメント・回顧

1着 サングレーザー(福永祐一騎手)
「予想していたよりもペースは流れてくれました。ポジションはエアスピネルを見る形でしたから心配していませんでした。初めて乗せてもらった時から、成長を見せるのは4歳ごろかなと思っていました。その通り良くなってきたと感じています。最後の決め脚はいいモノがありますので、流れにスッと乗れればいいレースができる馬です。今回は全てがうまく行きましたが、次はGIですから、そうなるとどうかですね。今回を使われて、良くなってくると思います。スパッと切れる持ち味を磨いていきたいです」

 

2着 モズアスコット(C・ルメール騎手)
「スタートでスピードを使った分で少し粘りを欠きました。馬の後ろだったらもっとリラックスしていいレースができると思います。レコードの2着ですから、ポテンシャルは高いです。重賞でもチャンスはあります」

 

2着 モズアスコット(矢作芳人調教師)
「ルメール騎手には何も言っていませんが、他のメンバーを考えれば、彼のことなので、あのような競馬をすると思いました。引っかかってはいませんでしたし、ペースの速い中、強い競馬でした。安田記念をとれる馬だと思っているので、行ければ行きたいですが、まずは様子を見たいと思います」

 

3着 エアスピネル(武豊騎手)
「レース自体は悪くありませんでした。サングレーザーは強かったですし、この馬の反応が良い頃に比べると少し物足りない感じでした。休み明けなので、次はさらに良くなるでしょう」

 

3着 エアスピネル(笹田和秀調教師)
「5ヵ月の休み明けでしたし、時計も速い決着でした。それでも走るところを見せてくれましたし、次はさらに良くしていかなければいけませんね」

 

4着 ガリバルディ(和田竜二騎手)
「勝ち馬のポジションがベストだと分かっていましたが、取ることができませんでした。我慢がきいて、この馬らしいレースだったのですが、思い通り行かなかったです」

 

5着 ベルキャニオン(藤岡佑介騎手)
「途中から他に絡まれても、力まず走れていました。最後までよく頑張ってくれました」

 

6着 グァンチャーレ(古川吉洋騎手)
「スムーズに来ることができましたが、最後は決め手の差が出ました」

 

7着 ロジクライ(川田将雅騎手)
「3コーナーまでキツい流れになっていて、4コーナーではもう手応えがありませんでした」

 

8着 ダッシングブレイズ(浜中俊騎手)
「よく頑張っています。去年もそうでしたが、かたくて速い馬場はこの馬には合わないようです」

 

9着 ブラックムーン(秋山真一郎騎手)
「枠がもう少し内だったら良かったかもしれません。前が進まずさらに外を回る展開になって苦しくなってしまいました」

 

14着 カデナ(幸英明騎手)
「いつもより少し前で競馬をしようと思っていました。しかし、ゲートの出が良くなく、ポジションを取りに行きました。初めて乗ったので、比較はできませんが、4コーナーでは反応がありませんでした」

 netkeiba

 

前のモズアスコットをゴール前見事な脚で差し切りました。

まさに京都マイルに強いタイプのキレのあるディープ産駒という馬ですね。

 

 

サトノアラジンとはちょっと違う。

フィエロやワールドエースに近い感じかな。

 

だから、安田記念はちょっとどうだろう。。。

今が充実期なのは間違いなさそうなので、2着くらいには来そうな気がしますが…ね。

 

安田記念の1着?

正直ミルコを確保できたスワーヴリチャードに逆らう気がなくなってるよ!

 

あと、京都の馬場は完全なるディープ馬場っぽい。

ガリバルディとベルキャニオンまで来てる時点でね。

カデナ?もう終わりました。さようなら。

 

ヤングマンパワー、ノド鳴り手術したんじゃなかったの?

注目していたヤングマンパワーは惨敗。

岩田も下手に乗っていましたが、馬に走る気がなさそうな走り。どうしようもない。

 

そもそも狙う方がバカでしたね。

先週勝ったからって調子に乗ってしまったとしか思えません。こんな馬を狙うなんて。

 

猛省しなきゃならない馬券でした。