複を買うならこんなふうに~回収率重視競馬予想~

回収率重視の競馬ブログです。 競馬歴は12年。おそらく生涯回収率は100%前後。 G1予想を中心に、予想のノウハウ、騎手・血統について、競馬ニュースなどの記事をアップしていきます。<a href="https://www.chutohanpamansion.net/">こちら

【青葉賞2018 枠順確定】ノーザン・ディープ産駒4頭の運動会! ケン推奨

スポンサーリンク

ダービーと同じ舞台である東京2400mの前哨戦として毎年注目を集める青葉賞。

 

去年はアドミラブルが異次元の競馬で圧勝。

ダービーでも3着と好走。

復帰は間もなくらしいですが、今までのような走りができるか注目したいですね。

 

さて今回は、皐月賞には出走できなかったものの、明らかに強そうな上位人気4頭で決まりそうな気がします。

 

青葉賞2018 枠順

 1.カフジヴァンガード

2.ユウセイフラッシュ

3.スズカテイオー

4.ダブルフラット

5.マイネルサリューエ

6.ディープインラヴ

7.ミッキーポジション

8.オブセッション

9・ゴーフォザサミット

10.スーパーフェザー

11.トラストケンシン

12.ダノンマジェスティ

13.ノストラダムス

14.テトラルキア

15.エタリオウ

16.クレディブル

17.モンテグロッソ

18.サトノソルタス

 

 ダービー狙い・ディープ産駒×ノーザンファームの有力馬4頭

オブセッション

ダノンマジェスティ

サトノソルタス

スーパーフェザー

 

勝ち馬はこの4頭のどれかでしょう。

普通に考えて力が抜けています。

基本穴狙いの私でも逆らう気が起きません。

 

まともに走れば絶対に強いダノンマジェスティ・オブセッション

その中でも注目はダノンマジェスティオブセッション

この2頭に共通していることとして、

 

相当強いがマトモに走るか分からない

 

ということです。

 

ダノンマジェスティはシンザン記念でとんでもない気性難を発揮。

松若の未熟さ、下手くそさも目立ちましたが、ミルコでも「あの馬には乗りたくない」と言わせるくらいの気性難。

 

しかし、前走は腕力のあるウチパクに替わり勝利。

新馬戦の驚異的な末脚を見ても、マトモに走れば圧勝まであるかもしれません。

 

オブセッションは500万下でレコード勝ち。

しかし期待された弥生賞ではとんでもない逸走。

この馬も力上位間違いないのですが、マトモに走るのかが焦点でしょう。

 

ま、どちらにしろ低配当でしょう

こういう気性難などで走るか分からない強い人気馬がいるレースは”ケン”が妥当。

こんなレースを買ったって、伸びるか分からないベンチャー企業の株を買うようなものです。

 

しかし、この舞台で好走すればダービーでも好走必至。皐月賞がダービーに繋がらなさそうなレースだっただけに。

馬券は控えても注目すべきレースでしょう。