複を買うならこんなふうに~回収率重視競馬予想~

回収率重視の競馬ブログです。 競馬歴は12年。おそらく生涯回収率は100%前後。 G1予想を中心に、予想のノウハウ、騎手・血統について、競馬ニュースなどの記事をアップしていきます。<a href="https://www.chutohanpamansion.net/">こちら

【天皇賞春 2018 予想】全頭出走馬分析 三浦・藤岡佑介のG1に期待すべきか?

スポンサーリンク

天皇賞(春)の全頭出走馬分析となります。

 

うーん…正直本命馬がコロコロと変わっている状況。

ここはもう思い切りで行くしかないかもね。

 

1枠1番ミッキーロケット牡5 58.0 和田
1枠2番チェスナットコート牡4 58.0 蛯名
2枠3番シホウ牡7 58.0 浜中
2枠4番カレンミロティックセ10 58.0 池添
3枠5番ヤマカツライデン牡6 58.0 松山
3枠6番ガンコ牡5 58.0 藤岡佑
4枠7番ピンポン牡8 58.0 宮崎
4枠8番クリンチャー牡4 58.0 三浦
5枠9番ソールインパクト牡6 58.0 福永
5枠10番サトノクロニクル牡4 58.0 川田
6枠11番シュヴァルグラン牡6 58.0 ボウマン
6枠12番レインボーライン牡5 58.0 岩田
7枠13番トウシンモンステラ牡8 58.0 藤岡康
7枠14番アルバート牡7 58.0 ルメール
8枠15番トーセンバジル牡6 58.0 Mデムーロ
8枠16番スマートレイアー牝8 56.0 四位
8枠17番 トミケンスラーヴァ牡8 58.0 秋山

 

天皇賞(春)2018 全頭出走馬分析・個人的コメント

1.ミッキーロケット

 

去年の中日新聞杯で「負けるわけがない」と思い単複買って2着。

日経新春杯は勝ちに行く競馬だったが全然伸びず4着。

京都記念は鞍上もアレだったが7着。

どんどん弱くなっているのがわかる。もうダメかも。距離も長い。

 

2.チェスナットコート

マイナス要素だらけの馬が揃った今回の春天。

そのマイナス要素が地味に少ないのがこの馬

京都長距離得意の蛯名、一応一流厩舎の矢作、末脚のあるハーツクライ産駒、内枠…。

同じ4歳ハーツクライでもサトノクロニクルよりこの舞台は合っているように思える。

 

3。シホウ

あかん。

 

4.カレンミロティック

確かにこの馬は春天に強い。だから穴人気している。

しかし年齢を見てくれ。10歳だぞ。

マイネルキッツが10歳で人気していて笑った記憶がある。

今回この馬を買っている人は絶対馬券に弱いと思う。ちょっと普通に考えようぜ。

 

5.ヤマカツライデン

逃げ馬。G1では惨敗続き。

去年のこの舞台で3.2秒差の15着では強くは押せないが、今年は後ろから突いてきたキタサンはいない。

ビートブラックやイングランディーレみたいなことは…たぶんないけど警戒は必要かも。

 

6.ガンコ

ハゲニイ云々よりもここは血統。

ナカヤマフェスタ産駒がG1でもちゃんと走るのか全くの未知数。

個人的に、SS孫種牡馬たちはよほど恵まれないと(騎手や展開。例:ジュエラー)、G1ではSS後継・キンカメ系・ハービンジャーには勝てないんじゃないかと思っている。

今後SS孫種牡馬の隆盛が始まるかもしれないが、まだまだ様子を見たい所。 

 

7.ピンポン

 

ひとつでも上の着順を目指して頑張れ!

 

8.クリンチャー 

www.fuku-kaunara-keiba.biz

 

上の記事+ガンコの欄で書いたことと同じ。

ディープスカイ産駒がG1を勝てるとは思えない。

 

9.ソールインパクト

青葉賞でクソミソにやられたディープ産駒はこの馬とスマートレイアーだけか。

「ディープ産駒はもうダメだ!」とか思わせといてこういうところで来たりするんだよね。

しかも鞍上は、いつも「もうダメだ!」とか思わせといて、こういうところで意外な穴馬を持ってくる福永。

無印は危険だ。

 

10.サトノクロニクル

ある意味一番軸にしやすいかも。

ハーツクライ産駒+川田+距離経験あり+G1経験あり

ただ、ハーツクライ産駒のくせにジリ脚。キレなし。

だから本命にはしづらいところではあるが、無印には絶対できない一頭。

 

11.シュヴァルグラン

ピンかパーか。つまり終わっているか終わっていないか。どちらか。

JCくらいの状態なら圧勝もいいとこでしょう。

しかし、私は大阪杯の走りを見て「終わっちゃったか…?」とも思えた。

焦点はそれだけ。実力・適正的にはケチのつけようがない。

 

12.レインボーライン

パワーがない馬とずっと思っていたが、前走では捲って勝利。どうやらパワーもついてきた様子。

しかし、去年がミルコと絶望的に合っていなかったとはいえ負けすぎ。

加えて岩田は復調しているようでしていない。インディチャンプの前2走のレース動画を見てみよう

馬場でも渋れば有力かもしれないが、良馬場濃厚。

外回すだけの競馬でどこまでやれるか。

 

13.トウシンモンステラ

あっはっは。

 

14.アルバート

前走はヤラズですね。間違いないです。

でも、馬は徐々にパワーダウンしている印象。

去年なんて川田が結構いい騎乗していたのに離された5着。京都3200の適正に疑問が残る。

しかし、人気のないルメールは常に抑えなきゃならない。

特に、今回はG1未勝利騎手が人気になっている。

こういう時に”人”で差が出てくるものなのだ。

 

15.トーセンバジル

ぶっちゃけ先週まで本命だった。

「ミルコ+藤原厩舎+前走ヤラズ叩き2戦目!」という単純な理由。

でも、ナイツ土屋カンニング竹山が本命にしていた時点で買う気が失せた。意外とそういう単純な切り方で難を逃れたことは多いので、ここは自分の「やばい」という直感を信じる。

あと、母父フジキセキという短距離血統も混じっている。

長距離戦で複に絡んだことがあるとはいえ、あれは後ろでじっとしていて最後に突っ込んできただけなので、スタミナ云々はあまり測れない。

正直ね、買い要素も多いけど買えない要素も多いよ。この馬。

印を大幅に落とします。

 

16.スマートレイアー

なぜ出てきた…?

「京都大賞典勝ったし、京都の長いほうがいいだろ!」という理由だろうが…そりゃ辛いんじゃないか…?

 

17.トミケンスラーヴァ

いりません

 

 

 

さて私の本命は…

 

 

 

人気ブログランキングに掲載

 

 

 

不確定要素の多い馬が多いので、大勝負は禁物でしょう。

少額で、三浦・藤岡祐の初G1を応援する楽しみ方が一番賢いかもしれません。