複を買うならこんなふうに~回収率重視競馬予想~

回収率重視の競馬ブログです。 競馬歴は12年。おそらく生涯回収率は100%前後。 G1予想を中心に、予想のノウハウ、騎手・血統について、競馬ニュースなどの記事をアップしていきます。<a href="https://www.chutohanpamansion.net/">こちら

【ヴィクトリアマイル2018 予想】全頭出走馬分析 アエロリット戸崎は前に行くのか?

スポンサーリンク

ヴィクトリアマイルの全頭出走馬分析となります。

 

このレースは、リピーターレースと言われているように、適性がモノを言うレース。

去年走って話にならなかった馬はもういらない、という印象が強いように思えます。

 

抜けた馬がおらず、このレースも混戦模様ですが、果たして…?

 

(1)1レッツゴードンキ  55 岩 田

(1)2ミスパンテール   55 横山典

(2)3ラビットラン    55 川 田

(2)4ジュールポレール  55  幸 

(3)5レーヌミノル    55 和 田

(3)6レッドアヴァンセ  55 北村友

(4)7カワキタエンカ   55 大 野

(4)8クインズミラーグロ 55 藤岡康

(5)9ソウルスターリング 55 ルメール

(5)10アエロリット    55 戸 崎

(6)11アドマイヤリード  55 M・デムーロ

(6)12エテルナミノル   55 四 位

(7)13ワントゥワン    55 藤岡佑

(7)14リエノテソーロ   55 吉田隼

(7)15デアレガーロ    55 池 添

(8)16リスグラシュー   55 武 豊

(8)17デンコウアンジュ  55 蛯 名

(8)18メイズオブオナー  55 福 永

 

www.fuku-kaunara-keiba.biz

 

ヴィクトリアM 2018 全頭出走馬分析・個人的コメント

1.レッツゴードンキ

おそらくもう短距離馬にシフトしているでしょう。

短距離G1で3連続2着と、実績的には上位。

しかし、上述したように、VMは適性がモノを言う世界。

2年連続2桁着順というのは、やはりこの舞台への適性が無いのではないかと思われる。

 

2.ミスパンテール

ダイワメジャー産駒、前走G2で横山典が逃げて勝利。

この時点でもう切りでもいいくらい。

ダイワメジャー産駒は、古馬になってのG1では基本用なしだし、典が逃げて勝った後のG1は悲惨な成績。去年のアエロリットだってそうだったよね。

 

メイチは前走。位置取りはどう来るかはわからないが、おそらく無理な逃げはしないと予想。ポツンの可能性もある。

 

3.ラビットラン

もう終わりました。芝では買う必要のない馬です。

基本タピットは早熟血統。アジアエクスプレスなんて悲惨だったじゃない?

ダートに替わってからどうなるのか見ものだが、ここでは絶対にいらない。

 

4.ジュールポレール

 

正直外なら本命にすることも考えた。

ディープ産駒5歳(ディープ産駒5歳ピーク説)。VM適性あり(去年3着)。

 

ずっと追いかけていた馬で、当舞台での好走は期待できるが、府中内枠の幸を信用することができない。去年だって大分怪しかったぞ。

来たら「幸さんごめんなさい」でOK。

 

5.レーヌミノル

ダイワメジャー産駒はそもそも弱いし、早熟気味な産駒が多い。

走りそうで走ってくれないのだ。カレンブラックヒルが何度もマイルG1で裏切り続けたように。

ダイワメジャー産駒というだけでG1では切れるので、予想的には楽。

ダイワメジャーを買わざるを得ない場合は、上がり馬で前哨戦勝ったときのみ。それでも紐までで良し。

 

6.レッドアヴァンセ

先週、この馬の弟・レッドヴェイロンにはお世話になった。

母エリモピクシーの産駒たちは、基本的に府中1600mは走る。

しかし、北村友一という騎手が乗っている時点でもういらない。

ただ、混戦模様でなにがあるか分からんので、紐までかな。

 

7.カワキタエンカ

 

ずっと追いかけている好きな馬。

前3走は様子を見ていたが、改めてこの馬が強いということはよくわかった。

府中で大野ならそこまで悪い選択ではない。ヘタに典に戻るより良かった。

 

人気は笑うくらいないが、このメンバーなら勝負になる。

高速決着だったローズSで逃げてリスグラシューに先着(2着)、秋華賞でアエロリットにも先着(北村友一でも5着)。

人気の2頭と、そんなに差があるか?

 

8.クインズミラーグロ

一方、この馬は全く人気無くても仕方ない。

この舞台全くダメなマンハッタンカフェ産駒+そもそも実力が足りない。

 

9.ソウルスターリング 

www.fuku-kaunara-keiba.biz

 

終わったと見てOKだと思うが、メイショウマンボが2着したように、完全終了する前のイタチの最後っ屁があるかもしれない。

頭はないが、紐くらいには抑えておけば後悔はないかも。

 

10.アエロリット

 

さて、戸崎は周囲の期待通り先行してくれるのかな?

 

藤原英厩舎のように、指示をゴリゴリしてくる調教師なら問題ないだろうが(だからエポカドーロは勝てた)、菊沢氏は「鞍上に任せる」とのこと。

 

100%戸崎の手に委ねられたアエロリット。

私は信じることができない

 

11.アドマイヤリード

この馬を本命にしようとしている人は、去年のレースをじっくり見てみよう。

去年はルメールの神騎乗で勝っただけ。秋華賞のディアドラと同じだ。

 

正直、去年のルメールのように最高の位置取りで狭いところを割るような神騎乗、ミルコでもそうできるもんじゃない。

大外回して伸びてはくれたが…という騎乗になる予感がするのは私だけだろうかね。

 

12.エテルナミノル

この馬は難しい。

完全にゲート難で負けている馬だから、力が足りないわけではない。

紐くらいには加えておいたほうがいいかも。

 

13.ワントゥワン

母ワンカラットに絶好調な藤岡佑介。

これだけでなんだかじーんと来てしまうが、馬券的にはいらん。

北海道開催で馬券になりそうな馬。

 

14.リエノテソーロ

即切りできるのはこの馬くらいだから、力的には団子だよね。このレース。

 

15.デアレガーロ

 

上記のツイートは私の仮説。将来性豊かな馬であることは間違いないが、ここ勝負ではない。

仮にここ勝負だとしても、この舞台に相性最悪なマンハッタンカフェ産駒。

レッドディザイア、ルージュバック、クイーンズリング、そんな3頭ですら3着以内に入れていない。

切りでいいと思うな。

 

16.リスグラシュー

うーん…確かに有力馬ではあるけど、どうなるでしょうねぇ。。。

私はハーツクライの牝馬というのがイマイチ信用に値しないが…ね。

ヌーヴォレコルトが全然ダメだったのを見てるからだが、来ても不思議ではない。

多分追い込みに賭けるような気はするなぁ。。

 

17.デンコウアンジュ

メイショウサムソン産駒がG1を勝てるとは思えないが、去年追い込んで2着に来ているから無視することはできない。

去年と同じように、外回して突っ込んでくるような展開になればわからない。

ただ、今回はアドマイヤリード、リスグラシューも同じようなことをしそうで、その馬たちに末脚で勝てるのか…とは思うが。

 

18.メイズオブオナー

勝ちレース見ても、力が足りないかなという印象を受ける。

 

 

 

さて私の本命は…

 

 

 

人気ブログランキングに掲載

 

 

 

来週のオークス、明らかに強すぎる馬がおり、まず荒れることは考えられません。

とても馬券で勝てるレースにはならないと予想されるので、人気馬にスキがありそうな今回、しっかり当てておきたいところです。