複を買うならこんなふうに~回収率重視競馬予想~

回収率重視の競馬ブログです。 競馬歴は12年。おそらく生涯回収率は100%前後。 G1予想を中心に、予想のノウハウ、騎手・血統について、競馬ニュースなどの記事をアップしていきます。<a href="https://www.chutohanpamansion.net/">こちら

【オークス2018 結果】レース後コメント・感想 アーモンドアイの次走はどこだ?

スポンサーリンク

2018年のオークス(優駿牝馬)。

勝ったのはルメール騎手騎乗のアーモンドアイでした! 

 

後方からの競馬から一転、先行集団を見るような形で中団より前目の位置取り。

ディープインパクトやブエナビスタのような競馬になるのかと思いきや、キングカメハメハ・ドゥラメンテのダービーのような完璧な正攻法競馬での勝利となりました。

 

しかもまだ余力のありそうな走り。

この馬の強さはちょっと底が知れません。。

 

それでも穴から入り金をドブに捨てた男の予想。それでもアーモンドアイが勝つだろうとは予想していた 

www.fuku-kaunara-keiba.biz

  

オークス(優駿牝馬)2018 レース後コメント

1着 アーモンドアイ(ルメール騎手)
「勝つ自信がありました。完璧なレースでしたね。今日はテンションが高かったので、スタートして良いポジションを取りました。それからはリラックスして走って、直線に向いてから加速してくれました。2400mも問題なかったです。秋は3冠がかかりますが、2000mでも大丈夫そうです。海外遠征の可能性については、ポテンシャルが高く、特別な馬なので海外でもいけると思います。(お誕生日おめでとうございます、と言われて、メルシーと嬉しそうでした)」

(国枝栄調教師)
「最初にあの位置取りを見た時にはビックリしましたし、心配にもなりましたが、すぐに安心しました。レースは落ち着いて安心して見ていられましたが、とにかくホッとしました。この後は、秋に秋華賞で3冠を目指します。調教を積む中でこれはモノが違うと思いました。いい形でここまで来ていますから、この後も順調にいけるよう、やっていきたいと思います」

2着 リリーノーブル(川田騎手)
「レース前から話していた通り、今日は本当に馬の状態が良かったです。レースでは枠を生かしてスムーズな競馬が出来ました。最後までよく伸びていますが、勝った馬が強かったです」

3着 ラッキーライラック(石橋脩騎手)
「スタートはいつも通りに出てくれたので、道中は折り合いだけ専念してうまく運べました。4コーナーで後ろを見た時にすぐ後ろに(勝ち馬アーモンドアイの)シャドーロールが見えたので、もうそこにいるのかという感じでした。直線では馬場のいいところに持っていってよく頑張りましたが、勝ち馬には敵いませんでした」

5着 マウレア(武豊騎手)
「前にアーモンドアイを見ながら、食らいついて行こうと思っていましたが、届きませんでした。最後まで頑張っていますが、距離が長いかもしれません」

6着 サトノワルキューレ(角居勝彦調教師)
「これまで強い相手と戦ってこなかったことが敗因かもしれません。時計が敗因ではないと思います。次走は休みを挟んでから考えます。凱旋門賞は使いません」

9着 オールフォーラヴ(和田騎手)
「初めての輸送ということもあり、イレ込んでいました。ある程度ポジションを取りに行きたかったのですが、取れませんでした。最後まで止まっていないので、距離は大丈夫だと思います」

13着 カンタービレ(田辺騎手)
「初めての大舞台でもテンションはそこまで上がらず、折り合いがついてリズム良く行けました。いい感じでは行けましたが、止まってしまったのは距離の影響かもしれません」

 

netkeiba

 

オークス(優駿牝馬)2018 感想

 

 

なぜ私はおとなしくケンができなかったのか

先週時点では、「どうせアーモンドアイが勝つ。紐も荒れん。だから買う価値なし」と言っていたのに、レースが近づくと、どうしても穴から入りたくなってしまう悪癖が発生。

 

もうこれは性癖みたいなもんです。

絶対勝つレベルのゴリゴリの人気馬がいてもこれ。

どうしようもない。

 

今回は、最初から負けるだろうと思っての予想。

だから、先週のジュールポレールショックに比べりゃ何も思わない。

投入金額も普段の半分以下だしね。痛さはない。

 

でも、当ブログでは回収率100%超えが絶対条件。

そんなハードルの低い目標を超えられもしない人は、競馬ブログをやる資格が無いと思っている。

 

 

あれ、自分で自分の首絞めてるよ!

 

 

f:id:tyutohanpamansion:20180521034707j:plain


 

アーモンドアイは本当に秋華賞に向かうのか?

国枝調教師は「秋華賞へ」と言っていますが、これは凱旋門賞に向かうことも検討せねばならない強さでしょう。

 

凱旋門賞では3歳牝馬は斤量的に有利なのは自明の理。

ハープスターだってそれだから凱旋門賞に無理矢理行ったんだ。

あのウルトラ糞騎乗で6着だったんだから、やはり3歳牝馬は有利だったのだろう。

 

シルクの会員が首を縦に振るかが問題だが、ノーザン的には牝馬3冠より、凱旋門賞を目指したいのではないだろうか。

もしくは秋天→JCという、去年ソウルスターリングが負け続けた古馬王道路線への挑戦か(ソウルスターリングはやっぱり早熟だったね!)

 

いずれにせよ、ただもらいの秋華賞に行って牝馬3冠を達成しても、競馬ファンの反応は薄いでしょう。

そんなレベルの馬じゃない。

今のところ、ドゥラメンテくらいの評価をしても良いのではないのでしょうか?

 

アーモンドアイ最大の敵は”故障”

桜花賞のキレは半端じゃなかった。

オークスの正攻法は強すぎた。

 

あれ、同じような馬が最近いたような…。

 

 

そう、ドゥラメンテですね。

 

 

あの馬の驚異的なキレをを皐月賞で見た時、「あ、ダービー決まった…」と、穴党の私でも既にお手上げ状態でした。

しかし、ダービー圧勝後に骨折。

戦線復帰するものの、宝塚記念で再び故障。そのまま引退してしまいました。

 

つまり、あのレベルのキレはサラブレッドの限界を超えてしまっている、ということ。

 

アーモンドアイの末脚はドゥラメンテと少し被る感じがします。

 

正直、この馬はすでに現役国内最強馬と言ってもいいレベルでしょう。

あとは脚元の不安故障だけが心配。

 

アーモンドアイの不安はそれだけです。

 

 

 

 

さて、来週はついに日本ダービー。

 

私の今の所の注目馬は…

 

 

 

 

人気ブログランキングに掲載

 

 

 

 

このローテ、引っかかるよねぇ。。