複を買うならこんなふうに~回収率重視競馬予想~

回収率重視の競馬ブログです。 競馬歴は12年。おそらく生涯回収率は100%前後。 G1予想を中心に、予想のノウハウ、騎手・血統について、競馬ニュースなどの記事をアップしていきます。<a href="https://www.chutohanpamansion.net/">こちら

【安田記念2018】回顧 グレーターロンドンが出走していたら勝ってたよね

スポンサーリンク

モズアスコットが勝利した先日の安田記念。

感想記事で書いた以外にも気づいたことがたくさんありますので、ここで書き殴らせていただきます。

 

www.fuku-kaunara-keiba.biz

 

安田記念2018  回顧・気づいたこと

サトノアレスの末脚に驚いた

おそらく私だけではなかったと思いますが…

 

サトノアレスが突き抜けると思ったよね!?

 

スワーヴリチャードが意外と伸びあぐねている中、大外からとんでもない脚を使ってくるサトノの勝負服にビビってしまいました。

 

しかし、最後は止まってしまい4着。

 

この馬、来週の安田記念は鉄板かもしれないね。

 

ディープ産駒は5歳がピーク(サトノダイヤモンドのせいでその持論が揺らぎ始めているが)だし。

四位に戻せば?

 

田辺の追い込みは信用できない

短距離王のレッドファルクスは鞍上田辺。

工夫がなく、届くわけのない位置取りから、もし買っていたらキレそうな競馬。

 

そーいえば、青葉賞を勝ったゴーフォザサミットも、蛯名に乗り替わる前は、田辺が糞騎乗を連発。

個人的に、田辺は上手いかもしれませんが、信用に足る騎手ではないと思っています。

 

ダービー勝って調子乗った福永

サングレーザーに関しては、大人しく後ろから行けばよかったものの、ダービーで成功したもんだから調子乗っちゃったんでしょうかねぇ…

大人しくサトノアレスのような大外ぶん回す競馬をしていれば、頭まであったんじゃないんですかね?

 

まぁ、この馬は基本京都専用機ですので、スワンSでは鉄板中の鉄板でしょう。

マイルCSはどうだろうか…って感じだけど。

 

グレーターロンドンは出てたら勝ってたんじゃね?

去年の4着馬グレーターロンドン。

出走していたら、サトノアレスのような大外ぶん回し競馬になっていたでしょうが、おそらく勝っていたと思います。

 

この馬に関しては、調教師・大竹の責任が大きいと感じています。

この餌やり番長は、ノーザンの外厩がなければ、馬を強くすることができない。

もう年齢行き過ぎでどうしようもないでしょうがねぇ。。。

 

 

 

以上!

 

 

 

来週?

 

 

 

買うかわかんねえ!!

 

 

 

宝塚までは何もしないかもね!