複を買うならこんなふうに~回収率重視競馬予想~

回収率重視の競馬ブログです。 競馬歴は12年。おそらく生涯回収率は100%前後。 G1予想を中心に、予想のノウハウ、騎手・血統について、競馬ニュースなどの記事をアップしていきます。<a href="https://www.chutohanpamansion.net/">こちら

モレイラ騎手、JRA通年免許を目指す。過去にG1勝たせた日本馬は?

スポンサーリンク

今年のリーディング、ルメールとデムーロの2大外国人騎手が突っ走っています。

 

「競馬と相撲は外国人」というのが完全なる定説になっている現在。

そして、また1人大物外国人騎手が日本のジョッキーを目指すとのこと。

 

さてどうなるんでしょうか。。。

 

モレイラ、JRAの騎手目指すってよ

香港競馬で現在3期連続リーディングトップを獲得しているジョアン・モレイラ騎手(34)=ブラジル=が、来シーズンの香港での免許更新を行わず、今秋のJRA騎手免許試験受験を決意したと7日、香港メディアが報じた。

 同騎手はブラジル、シンガポールでリーディングジョッキーとなり、香港に移籍。初めてシーズンをフルに戦った14/15年には香港のシーズン最多勝記録となる145勝をマークして首位を獲得。以降、170勝を挙げた16/17年シーズンまで3期連続で最多勝記録を更新している。

 17年3月5日にはシャティン競馬場で1日8勝を挙げて香港の1開催日最多勝記録をマーク。短期免許で来日した16年8月27~28日には札幌競馬場でJRA最多タイ記録となる騎乗機会7連勝を記録している。

 また、モーリス、サトノクラウン、ネオリアリズムで香港G1を勝ち、ドバイではヴィブロスでVと、日本馬をG1勝利に導いており、日本での信頼も厚い。

 JRA騎手免許試験は例年9月に一次試験(筆記は英語での受験も可能)が行われ、合格すれば日本語で行われる翌年1月の二次試験へ。そこも突破すれば、15年のミルコ・デムーロ騎手、クリストフ・ルメール騎手に続く、3人目となる通年免許獲得となる。

 “マジックマン”の異名を持ち、香港では“雷神”とも呼ばれる超大物ジョッキーのJRA移籍なるか、今後の動向が注目される。

 http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=138188

 

世界の騎手序列的にはデムルメより上のモレイラ。

彼が日本に来たら、また日本の騎手序列がメチャクチャなことになるでしょう。

 

一番影響を受けそうなのは戸崎…かなぁ。。

まあ、戸崎は今年既に立場が下がりつつありますが。。

人気馬ぶっ飛ばしまくりで、自業自得な面が大きいですけどね。

 

モレイラがG1を勝たせた日本馬

モーリス 

www.youtube.com

世界のマイル王となっていたモーリス。

危なげない勝利でした。

 

サトノクラウン

www.youtube.com

ハイランドリールを破り大金星。

馬が気持ち悪いくらいに伸びますねぇ。。

 

ヴィブロス

www.youtube.com

これは神騎乗

まさか勝つと思っていた人はいなかったしょう。

「福永だったら負けていた」というのは間違いではないけど、ルメールでも負けていたと思うよ。たぶん。

 

ネオリアリズム

www.youtube.com

逃げ粘りの勝利。

何だろう…腕力の違いなんですかねぇ。。。

 

JRA騎手・モレイラの誕生は近い?

日本では今だ重賞勝利はないモレイラ騎手ですが、これだけ日本馬に国際G1を勝たせた騎手。社台・ノーザンからの信頼度はとてつもないものでしょう。

 

JRA騎手になるには、力士になるのと同じようなもので、日本語の習得は必須(通訳付かないから)

ただ、社台ノーザンの忖度で、「アリガトゴザイマース」「イッパイイッパイジシンアリマース」くらいの日本語ができれば、受かるんじゃないですかねぇ。。

 

おそらく、既にJRA試験を受験して落ちているバルジューより早く、JRA騎手・モレイラが誕生する日が来るのではないでしょうか。

 

楽しみもあり、ちょっとした不安もあり…ですが。