複を買うならこんなふうに~回収率重視競馬予想~

回収率重視の競馬ブログです。 競馬歴は12年。おそらく生涯回収率は100%前後。 G1予想を中心に、予想のノウハウ、騎手・血統について、競馬ニュースなどの記事をアップしていきます。<a href="https://www.chutohanpamansion.net/">こちら

【秋華賞2018 予想】全頭コメント アーモンドアイの目標はジャパンカップだよ

スポンサーリンク

アーモンドアイの前日オッズ(AM12:00時点)は1.1倍。

予想通り、完全なる一本被り。

 

ちなみに、ジェンティルドンナは1.3倍でした。

 

ヴィルシーナみたいな馬がいないから、1.1倍のまま来ちゃうかもなあ。。。

 

1.1倍でG1勝った馬って、ディープインパクトくらいまで遡るんだっけか?

ロードカナロアですら1.3だったような。。

 

(1)1ラテュロス     55 秋 山

(1)2カンタービレ    55 武 豊

(2)3スカーレットカラー 55 岩 田

(2)4ランドネ      55 戸 崎

(3)5サラキア      55 池 添

(3)6パイオニアバイオ  55 柴田善

(4)7ラッキーライラック 55 北村友

(4)8トーセンブレス   55 藤岡佑

(5)9サトノガーネット  55 浜 中

(5)10オールフォーラヴ  55  幸 

(6)11アーモンドアイ   55 ルメール

(6)12オスカールビー   55 川 須

(7)13ミッキーチャーム  55 川 田

(7)14ゴージャスランチ  55 横山典

(7)15ハーレムライン   55 大 野

(8)16プリモシーン    55 北村宏

(8)17サヤカチャン    55 高 倉

(8)18ダンサール     55 M・デムーロ

 

www.fuku-kaunara-keiba.biz

 

 

秋華賞2018 全頭分析・個人的コメント 

①ラテュロス

軽量ディープ産駒だが、ヴィブロスもショウナンパンドラもミッキークイーンも軽量ディープ産駒なので、むしろ秋華賞で軽量ディープ産駒はプラス。

正直、3着くらいに来るかもしれんし来ないかもしれないって感じの馬。

 

今回、こういう馬が多い印象。

今年のローズSは基本低レベル臭く、流石にいらんと思うけど。。

 

②カンタービレ

非社台ノーザンで前に行ける馬。

 

この馬は勝ち馬候補の一頭である

しかし、武豊はアーモンドアイに一泡吹かそうとしているだろうが、武豊がこの人気でG1を勝てるのかというのが…。大逃げはありえないだろうし。

オークスは参考外でよく、実は底を見せていない馬だったりもする。

「前走メイチだったからいらないよ!」って、そうやってスプリンターズSでラブカンプーを買えず皆さん悶絶していましたよね…?

 

③スカーレットカラー

キッツイわぁ。。

 

④ランドネ

非社台ノーザンで前に行けるけど、超鈍足。

ワイはオークスで買っていたので(アホ丸出し)、その鈍足っぷりに驚いた。

こんな重い血統じゃ流石に芝G1では勝負にならない。ダート転向時に狙うべき一頭。

 

⑤サラキア

シルクはアーモンドアイとこの馬のワンツーを狙ってるんだろ?

欲を言えば、プリモシーンも含めて1~3着独占。わかるぞ。元々モレイラ乗せる気だったんだから。

 

まあ、ローズSは明らかに一番強い競馬をしていたが、後ろから行く馬がアーモンドアイに先着することはまずない。

たくさんいる3着候補の一頭だろう。

 

⑥パイオニアバイオ

前走の木幡2号の糞騎乗を見て、実はこのレースで狙っていたが、ヨシトミって。。

まあ悩まず切れるからいいんだけどね。。

 

⑦ラッキーライラック

北村友一を鞍上指名した時点でお察し。

デムーロ乗せることもできたんだからね。。

つまり、「わかってるな」ってこと。あとサンデーRお気に入りの北村友一への経験積ませ。

 

⑧トーセンブレス

ローズSでこれじゃあ。。

ヨシトミを首にしたとしても苦しいだろう。

 

⑨サトノガーネット

この馬もディープ産駒?ふーん。。

浜中も乗り馬がいないねぇ

 

⑩オールフォーラヴ

幸の時点でお察し。

勝負ならこの厩舎は川田なはずなんだから。

 

⑪アーモンドアイ

もはや多く語らなくていいでしょ。

不安要素だけ挙げてみようか。

 

・ぶっつけ(舐めすぎ)

・G1ウルトラ人気時のルメール(プレッシャー?)

・目標はジャパンカップ(負けてもいい?)

・脚質(差し損ねがあるかも)

・誰も彼もが三冠達成を確信している

 

この馬はディープインパクトではないぞ。

つけ入るスキがないわけではない!

まあ、勝っちゃうかもだけどさ。。

 

⑫オスカールビー

無理っす

 

⑬ミッキーチャーム

非社台ノーザンで前に行ける馬。

時計勝負もOKで、速い上がりも使える、牝馬のエポカドーロ的な馬。

 

4~5年前あたり、川田はノーザンの犬だったが、今年から明らかに変わった。

ダノンプレミアム、ファインニードルを始め、非社台ノーザンで勝負に行くことが増えた。

おそらく、「今はノーザンの主戦は無理」と諦めたのだろう。だから、ゴドルフィンや個人馬主の馬で結果を出し、社台ノーザン以外の強い馬をかっさらうつもりなのではないか。

 

今の川田なら、アーモンドアイを負かしに行ってくれるかもしれないぞ。

 

⑭ゴージャスランチ

明らかな前走メイチ。

横山は勝つつもりで臨んで負けたから、ここは回ってくるだけだろう。

非社台なら掻き回す可能性もあったが、社台だし。

 

⑮ハーレムライン

無理

 

⑯プリモシーン

戸崎も北村宏司も変わんねえぞ。

関西じゃ洋梨。

 

⑰サヤカチャン

ペースメーカー

 

⑱ダンサール

デムーロ騎乗は気になるが、ノーザン馬だけに、一発は考えづらいだろう。。

 

秋華賞2018 予想

 ◎人気ブログランキング

 ○アーモンドアイ

▲サラキア

△ダンサール

△ラテュロス

 

さあどうなるでしょうか。。