複を買うならこんなふうに~回収率重視競馬予想~

回収率重視の競馬ブログです。 競馬歴は12年。おそらく生涯回収率は100%前後。 G1予想を中心に、予想のノウハウ、騎手・血統について、競馬ニュースなどの記事をアップしていきます。<a href="https://www.chutohanpamansion.net/">こちら

【菊花賞2018】エポカドーロ、距離適性はどうなのか?血統的には?

スポンサーリンク

菊花賞の枠順が確定しました。

 

人気になりそうなのは、エポカドーロ、ジェネラーレウーノ、エタリオウの3頭ですが、中でも注目は皐月賞馬・ダービー2着のエポカドーロです。

 

ダービーも「距離がー」とか「戸崎がー」とか言われてあまり人気しませんでしたが、そのおかげで美味しい配当にありつくことができました。

  

www.fuku-kaunara-keiba.biz

 

菊花賞は3000mになりますが、エポカドーロはこなすことができるのでしょうか?

 

(1)1アイトーン     57 国分恭

(1)2グレイル      57 岩 田

(2)3ブラストワンピース 57 池 添

(2)4ジェネラーレウーノ 57 田 辺

(3)5エポカドーロ    57 戸 崎

(3)6メイショウテッコン 57 松 山

(4)7ユーキャンスマイル 57 武 豊

(4)8カフジバンガード  57  幸 

(5)9エタリオウ     57 M・デムーロ

(5)10アフリカンゴールド 57 松 若

(6)11コズミックフォース 57 浜 中

(6)12フィエールマン   57 ルメール

(7)13タイムフライヤー  57 和 田

(7)14グロンディオーズ  57 モレイラ

(7)15オウケンムーン   57 北村宏

(8)16ステイフーリッシュ 57 藤岡佑

(8)17シャルドネゴールド 57 藤岡康

(8)18グローリーヴェイズ 57 福 永

 

菊花賞2018 エポカドーロは来る?来ない?

距離適性

父はオルフェーヴル。

オルフェーヴルの父はステイゴールドなので、それは問題ないでしょう。

 

問題は、母父フォーティーナイナー。

完全なる短距離血統です。

 

ダービーはぶっちゃけマイラーでも来れるレース。

ディープスカイやウオッカだって根はマイラー。

勝ったのも、明らかに1800~2000mがベストなワグネリアン。

それならエポカドーロでも来れる。

 

でもね、菊花賞はやはり距離適性モロに出るよ。

京都適性(リアルスティール)や騎手の腕(エアスピネル)である程度カバーはできますが、やはり短距離・マイラー系は狙わないのがベター。

 

キタサンブラック?

だからあれは例外だって。

エポカドーロがあの例外馬と同じとは思えないな。

 

しかも先行馬。

前走で溜めても伸びないことはわかった。

 

正直、あの馬が3000mを先行して勝てるとは思えないのですよ。

それなら、ダービーは逃げ切ってなきゃならんかったのだ。

 

フカシ王藤原調教師

◎エポカドーロについて、藤原英昭調教師

・休み明けで一度神戸新聞杯を使い、今朝は予定通り併せ馬での調整を行いました。いつも乗っている岡田騎手が「上向きです」というジャッジをしてくれたので、すごくいい追い切りだったと思います。(見た感じも)イメージ通りで最後もしっかり反応して身体を使って走ってくれました。距離は考えずに仕上げました。後は馬を信じて臨みます。ダービーの時はいろんな課題を持っていきましたが今回の3000mに関しては馬の能力を信じていつも通り仕上げています。
適性に関してはまだ掴みきれていない部分もあります。でも3歳同士ですからあまり意識せず
きています。

 

・前走の神戸新聞杯はつい声が出ました。後の心情は推し量って下さい。

 

・この馬は脚質からも皐月賞を獲りたかった馬ですから、まずこの目標は果たしました。その後の二冠は馬を信じて古馬になってからの適性を読むレースと言う意味合いもあります。でも人気をしますから調整に関しては抜かりなくやっています。騎手の手腕にもかかるところは多いと思うのでその点でも楽しみにしています。やはり(これまでのレースから)前々のレースがいいと確信しました。本当はハナを切れれば一番いいですね。ただ3000mですから他の陣営がどう出てくるかですね。

 

・神戸新聞杯は勝ちたくて仕上げて、結果として(馬体重)が絞れていたと言うことですから気にしていません。今回は好きなだけ走れ、好きなだけ食べろと馬のポテンシャルを信じて仕上げています。馬体重は蓋を開けてみないとわかりません。馬の気持ちに寄り添った臨み方で神戸新聞杯とは違った形になります。

 

・神戸新聞杯では残念な結果になりましたが、下ばかり向いていてもダメなので菊花賞を獲ることを目標にここまでやってきました。後は戸崎騎手の手腕に期待します

【菊花賞】栗東レポート〜エポカドーロ | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

 

www.fuku-kaunara-keiba.biz

 

藤原調教師のコメントは、皐月、ダービー共に嘘を並べまくった始末なので、全く当てにしてはいけないのですが、一番気になったのは最後の赤字部分。

 

これは危ないやつだ。

 

藤原はうざいくらいに指示を出しまくる人。

上手かもしれないが勝負勘がゼロの戸崎にはそれが丁度いい。

 

「スキなように乗れ」とか言ってたら、たぶんエポカドーロは惨敗する。

 

それくらい今年の戸崎(去年もか?)は重賞では乗れない。

しかも京都。戸崎の関西は最悪である。

 

実は、神戸新聞杯は勝つつもりで臨んで負けたんじゃないかな?

叩きと思わせといてね。

去年のステファノス・オールカマーパターンです。

 

馬体重的に、それを物語っている気がします。

 

それじゃあ菊花賞は厳しいかなぁ。。

 

結局エポカドーロは菊花賞では。。

現段階では、

 

 

軽視したほうが良い

 

 

と思っております。

 

期待要素より、不安要素の方が大きいです。

それを払拭するほどの実力があるとも思えない。

 

何度も言うように、怪物ならあのダービーは逃げ切らなきゃいけなかった。

ただでさえ前残り天国だったんだから。

 

 

 

私の注目馬は

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

一頭追加しました。

 

 

鞍上が自信をつけたなら、2着は十分あるぞ