複を買うならこんなふうに~回収率重視競馬予想~

回収率重視の競馬ブログです。 競馬歴は12年。おそらく生涯回収率は100%前後。 G1予想を中心に、予想のノウハウ、騎手・血統について、競馬ニュースなどの記事をアップしていきます。<a href="https://www.chutohanpamansion.net/">こちら

【ジャパンカップ2018】スワーヴリチャードは来ないと予想してみる

スポンサーリンク

マカヒキもレイデオロも出走回避し、今年の3歳勢の出走もなし。

ハッキリ言ってつまらんメンツっちゃメンツですが、仕方のないことです。

 

完全なるアーモンドアイ一強ムードですが、古馬の総大将といえるのがスワーヴリチャード

 

天皇賞秋ではスタートのアクシデントで惨敗してしまいましたが、その巻き返しに期待する人も多いのでは?

 

まあ、復活はないと思っていますが…

  

スワーヴリチャードが負けると思う理由

いくらなんでも秋天で負けすぎ

秋天の敗因はスタートでのマカヒキのタックル。

そりゃわかります。

 

しかし、追っても少しも伸びない。

ミルコも最後は諦めていました。

 

ミルコは確かに目標ではないレースをあからさまに捨てたりしますが(富士Sのペルシアンナイト2年連続)、勝てなくても格好はつけるようなレースはします。

 

安田記念で見せたかかり癖

大阪杯でめちゃくちゃなまくりを打ったせいか、安田記念ではやたらかかってしまいました。

最後は来てはいましたが、一応レイデオロと並ぶ古馬の総大将的存在なのだから、ここは勝ってほしかったところです。

秋天ではかかるどころか走る気を無くしたような感じ。

うーん。。

 

一旦ダメになると怖いハーツクライ産駒

早い時期から走るハーツクライ産駒って、一旦終わると完全にダメになる印象。

タイムフライヤー、ワンアンドオンリー、一旦だめになって復活できません。

 

シュヴァルグランのあからさまな捨てレースだった大阪杯と違い、スワーヴリチャードの秋天は、ここまで負けるのは予定外だったように思います。

別に騎手が変わるわけでもない。

そこまで大復活的なことがあるでしょうか…?

 

 

 

まとめ

スワーヴリチャードはキタサンブラックのような例外馬には見えません。

 

「普通に走れば勝ち負け」

 

そもそも普通に走れるかが疑問です。

 

あれで馬が走る気を無くして凡走したとしても驚きは全くありません。

 

 アーモンドアイに関して、大凡走はちょっと考えられないですが、スワーヴリチャードを買うのはガチのバクチだと思います。

 

 

今の所の注目馬は。。。

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

もしかして、思ったよりに人気しない?