複を買うならこんなふうに~回収率重視競馬予想~

回収率重視の競馬ブログです。2017年は119%の回収率を記録。 レース数を絞り、長く楽しく競馬を続けていこうというスタンスです。好きな馬:カワキタエンカ、シュヴァルグラン。好きな騎手:三浦皇成、川田将雅、

ごあいさつ

f:id:tyutohanpamansion:20161025165342g:plain

 

はじめまして。

らっきょと申します。

 

このたび競馬ブログを始めさせていただくことになりました。

 

ちなみに、”カボスチャン”名義(元々は中途半端男名義)で弱小雑記ブログも運営中であります。

そのブログでも競馬についてはちょこちょこで書いていましたが、どうせなら競馬関連の話は独立させようということで、今回競馬ブログの発足に至ったというわけです。

 

www.chutohanpamansion.net

 

自己紹介ということで、私の競馬経験、競馬に対する考え方をお話させていただきます。

 

競馬経験

興味を持ち始めたきっかけは、「ダービー馬をつくろう」というPS2のゲームをやり始めてから。「ダビスタ」じゃないんですよ。

 

初馬券は2005年の有馬記念。

ディープインパクトがハーツクライに負けたあのレースです。

そのハーツクライの単勝馬券が当たったことから、私の競馬人生は始まりました。

 

そこから2008年前半までは、馬券をちょこちょこ買うといったくらいのライトファンでしたが、里中李生氏の本を読み、単複に目覚め、急に馬券が当たるようになる。

ディープスカイが勝った日本ダービーで初めて万馬券(スマイルジャックとの馬単)を取ってから、その後はG1は連戦連勝。

 

そこから準OPダート戦に目覚めてみたり、3連単に目覚めてみたり、馬単BOXに目覚めてみたり、蛭子買いのような運に頼った買い方をしてみたり、1Rから殆どのレースを買ってみたり…と、競馬ファンなら誰もが通る試行錯誤を繰り返します。

 

現在は馬券生活をされている上野誠氏の影響もあり、ケンを繰り返し、チャンスのときのみ勝負するという馬券スタイルが定着。

重賞以外に手を出すと回収率が上がらないことが分かったため、買うのは基本重賞レースのみ。

馬券は単複+馬連という、90年代前半のような買い方。3連系はあまり買わない。

ちなみに、2017年の回収率は119%でした。

 

私の競馬に対する理念

「競馬を長く続けるために、回収率を重視して、無駄な馬券は買わず、理性的に馬券を買う」ということです。

 

競馬はジジイになっても楽しめる娯楽。

核戦争でも起こらない限り、50年後も施行しているでしょう。

しかし、負け続けていてはそもそも楽しむことができず、結局お金も尽き、競馬をやめてしまう。

 

私は競馬をジジイになっても続けたいのです。

そのためには回収率を重視し、常に毎年100%以上の回収率を目指す。

それができればなんと素晴らしい娯楽でしょうか。

回収率100%だから実質無料。頭も使うからボケ防止にも繋がる。パチンコと違い、社会的立場の高い人間にも人気がある。スポーツ的要素も強い。もし将来的に資産が増えれば馬主という楽しみ方もできる。

 

井崎脩五郎、原良馬、そして北島三郎のように、年を召しても馬をキラキラした目で追いかけ続ける。そんなジジイに私はなりたい。

 

当ブログでは競馬で回収率を100%以上にするためのノウハウ、有益な情報をお伝えしていきます。

 

是非楽しんでいって下さい。