複を買うならこんなふうに~回収率重視競馬予想~

回収率重視の競馬ブログです。 競馬歴は12年。おそらく生涯回収率は100%前後。 G1予想を中心に、予想のノウハウ、騎手・血統について、競馬ニュースなどの記事をアップしていきます。<a href="https://www.chutohanpamansion.net/">こちら

【NHKマイルカップ2018 予想】全頭出走馬分析。ディープ産駒軽視で行こうかな

スポンサーリンク

NHKマイルカップの全頭出走馬分析となります。

 

大の苦手レースなので、もはや一切の勝負放棄も検討したが、競馬ブログを運営している以上、このNHKマイルC苦手意識を払拭せねばと思い、頑張って分析。

ずっと当たらなかった理由として、明らかに無理な穴狙い(去年の本命はトラスト…)・下手な騎手を買っていた(川須とか…)、ということも自己分析済。

 

正直、10年以上外し続けているレースなので、私を逆神として見ていただいて一向に構いません(そう言っておけば当たるかもという魂胆…)

 

(1)1カツジ       57 松 山

(1)2ファストアプローチ 57 蛯 名

(2)3テトラドラクマ   55 田 辺

(2)4フロンティア    57 内 田

(3)5プリモシーン    55 戸 崎

(3)6リョーノテソーロ  57 吉田隼

(4)7タワーオブロンドン 57 ルメール

(4)8ダノンスマッシュ  57 北村友

(5)9ギベオン      57 M・デムーロ

(5)10パクスアメリカーナ 57 川 田

(6)11ケイアイノーテック 57 藤岡佑

(6)12アンコールプリュ  55 藤岡康

(7)13ルーカス      57 ボウマン

(7)14デルタバローズ   57 石 橋

(7)15カシアス      57 浜 中

(8)16ミスターメロディ  57 福 永

(8)17レッドヴェイロン  57 岩 田

(8)18ロックディスタウン 55 池 添

  

www.fuku-kaunara-keiba.biz

www.fuku-kaunara-keiba.biz

 

NHKマイルC 2018 全頭出走馬分析・個人的コメント

1.カツジ

ニュージーランドトロフィー勝ち馬。

最後方から勝ったが、全くキレは感じられない。つまり、レースレベル自体に疑問が残る。

そもそもNHKマイルカップは、最近人気のディープ産駒がコケ続けており(ミッキーアイルは例外)、ここは控えたいところだな。

 

2.ファストアプローチ

同じ産駒のベストアプローチ、メトロポリタンSで完勝。

しかし、去年クラシック路線で穴人気→大敗を繰り返していた。

ここでも期待はしちゃいけないかもな。

 

3.テトラドラクマ

ルーラーシップ産駒だから雨降りゃ重い印を打たなきゃいけなかったが、間違いなくパンパンな良馬場。

先行馬も少なく、カシアスかこの馬が逃げる可能性が濃厚。

そうなると田辺は怖いな。

しかし田辺だから本命にはしない。私と相性悪いから。

 

4.フロンティア

NHKマイルCはダイワメジャー産駒がボコボコ来ている。

皐月賞路線では話にならないダメジャーも、G3レベルのNHKマイルCでは通用してしまうからだろう。もちろん距離適性もあるが。

となると、紐には加えておかなきゃならない一頭。

もし先行して粘る展開になれば内田は怖い。

 

5.プリモシーン

桜花賞の戸崎は下手くそだった。

内に突っ込んで詰まる。まさに戸崎らしい騎乗だった。

桜花賞からのローテは結構来ているが、クラシック路線では強い牝馬ディープ産駒は全く来ていない。

ここに、NHKマイルCとクラシック路線の傾向の違いは見えてくる。

「戸崎、今度はやってくれるよ」って? 期待するなよ。 

 

6.リョーノテソーロ

カツジと一緒のポジにいて、ここまで伸びないとなるとねぇ…。 

 

7.タワーオブロンドン

ま、普通に考えて有力でしょう。前走は強かったし。

しかし、ルメール曰く「1200mがべストだと思っていた」だと。

つまり、先行して勝ちに行く競馬をする可能性は低いということ。

末脚を活かす競馬をすることになるだろう。

よって、差し損ねる可能性は大いにあるということだ。

絶対視は危険だと思う。

 

8.ダノンスマッシュ

北村友一は意地でも買わないと決めていますので…。

まあこの馬は短距離馬の可能性大だが。

 

9.ギベオン

先週のトーセンバジルに続いて、ミルコ・藤原英のリーディングコンビ。

しかし、バルジューは前走後、「まだまだこれからの馬です」とのこと。

特に気を使う立場ではないバルジューのコメントなので信頼していいんじゃないかな?

あと、何度も言っているけど、ディープ産駒+ミルコの相性は良くない。G1連対すらゼロなのは、やっぱりそれを表しているんじゃない?

 

10.パクスアメリカーナ

実は買い要素だらけのこの馬。

NHKマイルで圧倒的に強いクロフネ産駒、川田+中内田、先行できる脚質。

 

特に川田、最近は社台よりゴドルフィンや日高の各牧場といった非社台で力を発揮する騎手になりつつある。ダノンプレミアムもファインニードルも非社台だしね。

 

これは仮説にすぎないが…

 

「社台はどーせ外国人でしょ。もう競っても主戦にはなれんわ。非社台の中心騎手はユタカさん。それなら…」

 

とか思ってたりしてね。

 

ゴドルフィンのタワーオブロンドンに乗るルメールには、今回絶対に負けたくないんじゃないかな。

ここでこの馬が勝てば、今年はこの仮説を元に、川田中心で勝負していく予定。

 

あと、「パクスアメリカーナ=アメリカの覇権が形成する平和」というサイン…

 

11.ケイアイノーテック

京都新聞杯も勝ってノリノリのハゲニイ。

崩れない馬だけど、しかし決め手もないという馬。

ディープ産駒だし、この舞台で大幅に良くなるとも思えない。

まあ紐には加えないとでしょうけど。。。

 

12.アンコールプリュ

桜花賞で皆を騙した馬。意外に買っている人が多かった。

東京マイルはパワーがいる。

軽量キレだけディープ産駒のこの馬には厳しそうな舞台。

 

13.ルーカス

いや、この馬モーリスより弱いぞ普通に。

本格化前のモーリスでさえ、糞調教師の元でスプリングS4着。

全く話になりません。

 

14.デルタバローズ

へぇ、この馬堀厩舎なんだ。

新馬戦は府中でかなり離して勝ってるし、NZTは差のない3着だし、石橋脩乗せてるし、なんで17番人気なんだ?京成杯は参考外でいいんじゃないの?

大穴ならこの馬じゃないか?

 

15.カシアス

キンシャサノキセキはマイルすら怪しい早熟馬ばっかり。

モンドキャンノがここ人気して大惨敗してたね。

一応逃げ候補だけど、浜中が積極的に行くかねぇ…

 

16.ミスターメロディ

芝1戦1勝。それがファルコンS。

マル外なので血統予想は難しいが、こういう明らかに舐められている福永は軽視禁物。

藤原英厩舎は、ギベオンより実はこっちに期待していたりしてね。

 

17.レッドヴェイロン

この馬かなり強そうだけどな…。

母はエリモピクシー。上に、リディル・クラレント・サトノルパン・レッドアヴァンセというマイラーどもが集う良血。

ずーーーーっとディープばかり付けていたが、この馬はキンカメで非SS。

微妙なマイラーばかりの兄貴どもとは違う馬になる可能性を秘めている。

 

前走、他の2頭とは位置取りの差。

正直、この馬が突き抜けてしまう可能性も否定はできない。

こう見ると、アーリントンCのレベルはかなり高かったように見えるな。

 

 

18.ロックディスタウン

真っ先に消せる馬。

終わりました。確実に。

 

 

 

さて私の本命は…

 

 

 

人気ブログランキングに掲載

 

 

 

バレバレかもしれないけど、◎と○は入れ替えの可能性ありです。

ちなみに、ディープ産駒は全切りでも良いと思います。

 

京都新聞杯でも全滅だったしなぁ。。。