複を買うならこんなふうに~回収率重視競馬予想~

回収率重視の競馬ブログです。 競馬歴は12年。おそらく生涯回収率は100%前後。 G1予想を中心に、予想のノウハウ、騎手・血統について、競馬ニュースなどの記事をアップしていきます。<a href="https://www.chutohanpamansion.net/">こちら

【高松宮記念2018 予想】レッドファルクスは危険馬?その理由とは

スポンサーリンク

実質更新初回なので緊張しております。

どういう風に当ブログを進めていこうか試行錯誤している段階なもので。。。

 

私のプロフィールについては下記をごらん下さい。

 

www.fuku-kaunara-keiba.biz

 

1人気はレッドファルクスだが…

さて、春G1開幕を告げる高松宮記念が中京競馬場にて行われます。

 

人気はレッドファルクスが集めていますが、私は危険だと思っています。

私がそう思う3つの仮説を。

 

1.ぶっつけG1という今まで結果を出していたローテを崩した

レッドファルクスのスプリンターズS連覇は全て3ヶ月以上の休み明けによるもの。

この慣習を今回阪急杯を挟むことで崩した。

おそらく去年ぶっつけで挑んで負けたからだと思うが、むしろこの馬は休み明けの方が強いのでは…とも思う。

 

 

2.ピークを過ぎたかも

去年のマイルCSで初めて芝で馬券圏内を外しました(海外除く)。

既に7歳。ピークは一昨年から去年のスプリンターズSというのは明白で、スプリンターズSほどの適性は見られないこの舞台では(CBC賞を勝ってはいるが)、去年以上の走りは望めないのではないかと。

 

3.実は安田記念狙い

レッドファルクスはスプリンターですが、去年安田記念で3着に好走しているように、マイルでも走る能力を持っています。

G1を2勝しているので種牡馬入りは確実でしょうが、種牡馬価値を上げるにはここよりもマイルG1の方を取りたい。

実はそのための阪急杯出走だったりしてね。1400mを走らせることで完全なるスプリンターの作りにしないためのさ。

 

以上の仮説より、レッドファルクスは軽視の方向で行きたいと思います。

 

 

本命は

 

人気ブログランキングに掲載

 

で決まりでしょう。

 

 

血統的にこの舞台への適性がずば抜けて高い。

「2014年はその血統を持った有力馬すっ飛んでんじゃねえか!」とツッコミが入りそうですが、あれは本来逃げ馬である当該馬が出遅れをかまし、スタートで完全終了したレース。

しかし、最後は追い込んで掲示板は確保。これを適性があると言わずなんと言う!適性だけで来たレースですよ。あれは。

 

 

更新初回。

ここは当てたいところです。はい。