複を買うならこんなふうに~回収率重視競馬予想~

回収率重視の競馬ブログです。 競馬歴は12年。おそらく生涯回収率は100%前後。 G1予想を中心に、予想のノウハウ、騎手・血統について、競馬ニュースなどの記事をアップしていきます。<a href="https://www.chutohanpamansion.net/">こちら

【安田記念 2018】前哨戦レース後コメント 大阪杯、VM、マイラーズC、京王杯SC、ダービー卿CT

スポンサーリンク

安田記念のステップレースは、マイラーズCと京王杯SCが基本。

そして、マイラーズC組の成績が悪いのも基本。

 

ただ、安田記念に関しては、中距離路線・短距離路線の馬も参戦してくるため、様々なレースからいろんな馬が来るのも特徴です。

 

前走OP特別の馬とかが良く来てしまうのもこのレース。。。

だから連闘のモズアスコットも少し怖かったりする。個人的はあまり評価していない馬だが。。。

 

安田記念ステップレース レース後コメント

 

 

高松宮記念 

www.fuku-kaunara-keiba.biz

 

大阪杯 

www.fuku-kaunara-keiba.biz

 

マイラーズC 

www.fuku-kaunara-keiba.biz

 

京王杯SC

1着 ムーンクエイク(C.ルメール騎手)
「ラスト200mは3頭併せの中よく頑張ってくれました。少し掛かるところはありましたが、スピードはあるし、長く脚を使えます。タフな馬なので、1600m(安田記念)は合っています」

 

(藤沢和雄調教師)
「ペースが少し速くて、レースがしやすかったですね。厩舎に置いたまま、次は安田記念に向かう予定です」

 

2着 キャンベルジュニア(石橋脩騎手)
「状態がとても良く、かなり仕上がっていました。スタート後の馬の出はそれほど良くありませんでしたが、うまく対応してくれて、直線での加速は素晴らしかったです。そのまま押し切れれば良かったのですが、勝ち馬に目標にされていた分、最後は捕らえられてしまいました。素質は良いものをもっているので、今後も楽しみです」

 

3着 サトノアレス(蛯名正義騎手)
「初めての1400mということもあり、ポジションは取れませんでしたが無理せずに乗りました。次走の安田記念につなげる狙いでレースをしたところ、折り合いもついて良いレースができました」

 

4着 グレーターロンドン(田辺裕信騎手)
「1400mという距離に加えて、前半から流れたことで忙しかったです。レコード決着もこの馬にとっては厳しいですね。それでも、最後は良い脚を使ってくれました」

 

5着 ラインスピリット(森一馬騎手)
「いつもの通りゲートの速さを生かして、楽に2番手につけられました。そのまま良いリズムで行けて、最後まで差がなく頑張っています。スタートで躓いた前走は参考外として、着実に力をつけてきています」

 

6着 リライアブルエース(戸崎圭太騎手)
「とても乗りやすい馬で、クラスが上がってきても頑張っています。直線ではスムーズでないところもありましたが、最後までしっかり伸びています」

 

15着 ダンスディレクター(武豊騎手)
「道中の感じは悪くありませんでしたし、勝ち馬の後ろで折り合いもつきました。しかし、追い出してからの反応が一度もありませんでした。走りも硬いような気がしました」

 netkeiba

 

ヴィクトリアマイル 

www.fuku-kaunara-keiba.biz

 

ダービー卿チャレンジトロフィー

1着 ヒーズインラブ(藤岡康太騎手)
「よく頑張ってくれました。後ろすぎないようにだけ気をつけていました。4コーナーの手応えは良かったです。よく伸びてくれました。力をつけてくれていて頑張ってくれたと思います。これからもっと良くなっていく馬だと思います。武器は一瞬の脚です」

1着 ヒーズインラブ(藤岡健一調教師)
「力をつけているとは思っていました。調子を上げていた前走を勝てたのが大きかったです。得意の中山コースでした。1番は折り合いがつくようになっていたことだと思います。この後については海外挑戦のプランもあります」

 

2着 キャンベルジュニア(石橋脩騎手)
「返し馬の時から変わってレースでは気持ちが入っていました。ゲートも決まりレースも組み立てやすい馬で、取りたいポジションもとることができました。理想的な形で進められましたが残念でした」

 

3着 ストーミーシー(大野拓弥騎手)
「外枠でもうまくレースができて、ハンデが手頃だったことも良かったです。使ってきて着実に良くなってきている印象です」

 

5着 グレーターロンドン(田辺裕信騎手)
「内枠だったこと、リズムを重視して後方からの競馬となりました。外を回すロスは避けたかったので、内にこだわりましたが、うまく前が開きませんでした。直線で手応えはあったので、スムーズに行けたら違ったと思います」

 

5着 グレーターロンドン(大竹正博調教師)
「後退する馬の真後ろで全くスペースがありませんでした。以前はスイッチがひとつ入るとそれだけでしたが、今回はその後もまた伸びようとしていました」

 

6着 ゴールドサーベラス(柴山雄一騎手)
「最後よく伸びていますし、初重賞でよく頑張っています。欲を言えば3着に入ったストーミーシーについて行きたかったところですが、力はかなりつけてきていると成長を感じます」

 

7着 レッドアンシェル(戸崎圭太騎手)
「センスが良くうまく立ち回れるのではと思っていたのですが、今日は忙しく感じました。初めての中山コースが合っていなかったのかもしれません。今日はこの馬の良さが出せなかったので、広いコースの方が良さそうです」

 

9着 マルターズアポジー(柴田善臣騎手)
「今日は踏ん張りがききませんでした。斤量58キロがこたえたのか、明確は敗因は分かりません」

 netkeiba

 

 

 

私の注目馬は

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

仕方ない馬+穴馬